2016年12月19日

Ruby Game Developing Advent Calendar 2016 15日目

Ruby Game Developing Advent Calendar 2016 15日目
(遅刻して申し訳ありません)

Rubyでのゲーム製作全般と言うことで今年やったのは司エンジンにさわったことくらいなので、それについて振り返ろうと思います。

■司エンジン



土屋つかささん製作のDXRuby用のゲームエンジンである司エンジン(Tsukasa Engine)で簡単なデモを作らせていただきました。

司エンジンについての寸評は主催のあおいたくさんが3日目の記事でまとめていらっしゃいます。
とてもわかりやすいのでそちらをご覧ください。

自分が作ったのは次のようなデモです。



気になるオブジェクトをクリックしてイベントを探すアドベンチャーゲームです。
こういうゲーム用の機能が一通り始めからそろっているので、作りやすかったです。
また最初から用意されている機能だけではなくフレームワーク側でコマンドを自分で作ることもできます。
自分は最初ノベルゲー用のエンジンだと思ってましたが、土屋さんはアクションゲームやシミュレーションゲームのデモ、あおいたくさんはブロック崩しを作ったりとノベルゲーに限らずいろんなジャンルのゲームが作れそうです。

■文字表現について考えてみた



司エンジンでぱっと見たときインパクトがあったのがパタパタ板のように張り付いてくる文字の表示の表現です。
自分はあまり文字の表示方について考えたこともなく、ただ表示すればよいと思ってたので見ててなかなか楽しかったです。
文字表現について少し考えさせられたので、上の動画のデモに遭いそうな感じの文字表現を考えてみました。



全画面でみないとよくわからない…ですが、文字がろうそくの用に揺らめいています。
DXRubyのShaderクラスを使ってポストエフェクトをかけています。
ただベタベタっと文字を並べるよりは雰囲気でている…と思うんですが、読みにくい…かもしれませんね。

コードはこちら

posted by 鳴海つかさ at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記